どうやって選べば良いの?犬の洋服購入ノウハウ

犬の洋服サイズってどう測るの?

あらゆる生物の中で、犬は最小と最大の差が最も開いているとされています。当然服のサイズも違ってきますが、どうやって選べば良いのか最初は戸惑いますよね。いつも見ている愛犬であっても、自分や家族の服のサイズのように把握している訳ではなく、殆どの人は犬のサイズなんて測りません。そもそも何処のサイズをどう測るのかが判りません。犬の服を購入する為には、まず首周りと胴回り、着丈を測る所から始めましょう。人と違って増減が激しい訳ではないので、成犬なら1度測ればその後も利用できます。

測るポイントは判ったけど、厳密はどの辺り?

首回りと言っても何処か判らない。胴回りは前足近くか後ろ足近くあるいは中央?着丈は背中の長さで良いの?色々疑問が浮かぶと思います。首回りと言うのは付け根より少し上辺りを。胴回りは前足付け根近くの1番太い部分が良いですね。着丈は首回りで測った位置から尾の付け根と考えて下さい。そのサイズにピッタリ合う服と言うのは中々ありませんが、そのような場合には、少し余裕を持ったサイズを選びましょう。犬にとって首輪や洋服は拘束具と同じなので、締め付けは良くありません。

愛犬の特徴にあった洋服を選ぼう

サイズが判れば後は購入したり自作するだけです。購入する場合、犬の特徴をよく把握しておく必要があります。オスならば排尿時にお腹の付近が濡れる場合もありますし、尾の短い犬だと洋服が尻尾に邪魔されずお尻まで隠れてしまい、排便時に不便があります。また、胴体部分はジャストサイズであっても、犬の洋服の基本構造が頭から被せる物である以上、首回りのサイズが合わなければ着せる事は困難です。同じ号数やサイズであってもメーカーによって違うので、購入前にはしっかり確認しましょう。

犬の洋服はお洒落を楽しみたい、部屋の中に毛が飛ぶのを防ぎたいなど様々な理由がありますが、実用性には寒さや暑さ対策にとても効果があります。